AIのお話

どうもこんばんは、Ryoです。

 

 

最近、プログラムを書いたり、システムを考えたりする仕事に就いたわけですが、

 

この業界は、変化の激しい業界ですから、

 

情報収集のため、いろんな記事を読んだりするわけで、

 

そんな折に、

 

「タクシーの運転が自動化される」

 

といった記事をどこかで読んで、

 

「あぁ、こうやって仕事がなくなっていくんだなぁ」

 

と。

 

 

その記事には、このシステムが導入されることによって、

 

地方のタクシー運転手の人材不足が解消されることが期待される

 

といったことが書かれていたのですが、

 

それはつまり

 

地方であろうがなかろうが、タクシーの運転手はいらなくなるってことを

 

意味してて、この世の中から

 

タクシー運転手という職業がなくなることを意味してるのでは

 

と思うわけです。

 

 

こういった、AIによる自動化は、タクシーの運転だけに限った話じゃなくて、

 

将来的にはあらゆる職が、コンピュータに取って代わられる時代が来るかもしれない。

 

そうなると、職の価値、人間が働くことの価値っていうのは、

 

どんどん下がっていくんだなと容易に想像できます。

 

 

 

最終的に誰1人として職を持たない時代が来てしまえば

 

問題ないのかもしれませんが、

 

この資本主義の中で生きている私たちにとっては、

 

この過渡期をどういう風に捉えるべきか考えないといけなのかもしれませんね